menu
閉じる
  1. COMPASS(コンパス)の評価レビュー!アフィリエイター専用SEO分…
  2. エーハチネット(A8net)にはインサイダー情報がある!
  3. Googleアドセンスで稼ぐキーワード選定方法とは?
  4. SIRIUS(シリウス)+オールドドメインでサクッと△△万円
  5. アフィリエイトで稼ぐための1記事当たりの文字数は?
閉じる
閉じる
  1. サイト売買の相場と儲けのポイントとは
  2. ノウハウコレクターから脱出して稼ぐにはどうしたらよい?
  3. アフィリエイトを始める前に知っておきたい、あなたの資質と素質とは
  4. あなたはどのアフィリエイター?!
  5. 賢威とシリウスの違い!比較検証
  6. アタッチシステムアフィリエイト(ASA)の評価レビュー
  7. 賢威のレビュー評価(メリットとデメリット)とは
  8. アフィリエイトを始める前に【棚卸】が必要なわけ
  9. アフィリエイトサイトに何の作成ツールを使っていますか?
  10. たかがキーワード選定、されど難解なキーワードの見つけ方と選び方
閉じる

アフィリエイトで1000万円稼いだ主婦ユッキー☆の副業ブログ

アフィリエイトで稼ぐための1記事当たりの文字数は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
原稿用紙

1記事に必要な文字数

アフィリエイトだけに限りませんが、ホームページを運営し記事を書くときに悩むのが『1記事当たりの最適な文字数』です。

また、わたしのブログへの問い合わせの中にもやはり、『1記事当たりの文字数はどれくらい書いたら良いですか?』という質問が良くあります。またわたし自身も以前は1記事あたりの文字数はどれくらい書けば適切なのか結構、悩んでいました・・・

スマホで記事を読む人には400文字とか長くても800文字程度と短い方が良いでしょうし・・・、パソコンで記事をみている人は多少長くても問題ないかもしれない・・・。

また最近では、『内部SEO対策の1つとして文字数が特に大切です。』という記事やメールをみても、どれくらいの文字数を書けば評価されるのか?スマホをメインに考えれば短めに・・・・でも、文字数が少ないとグーグルやヤフーなどの検索エンジンの上位表示が難しい。ちょっと悩んでいる人もいるかと思います。

中々、明確な指標さえありませんでした。あったとしても800文字は必要です・・・くらいです。

そこで、文字数の実験を幾つかのサイトでおこなってみました。
おおよそ実験に使ったサイトの文字数は800文字、2000文字、3000文字、4000文字です。

同じサイトの中でもこの4つの記事を混在させ、さらに、それを幾つかのサイトで実験を開始しました。これは実は結構長い期間やりまして、色々な要素変動も踏まえて3か月間ほどGRCの検索結果ツールの順位変動を調べました。

その結果、どうなったか?

あなたはどう思いますか?
実際、わたしがやったサイトの文字数と検索結果は次ような平均になりました。

 

文字数と検索順位平均

800文字:55位
2000文字:13位
3000文字:3位
4000文字:2位

文字数と検索順位平均では、3000文字以上の記事の評価が高いことが分かりました。またサイトの記事数、つまりドメインで持っている記事数、つまり規模が大きく、更新頻度が高いほど、文字数の多い記事は効果を発揮します。

一方、記事数が多くても文字数が少ない場合、記事の順位は安定しませんでした。ここら辺は狙うキーワードによっても変わってきたりするので一概には判断が難しいのですが、文字数が800文字未満の記事を大量に作るよりも、2000文字以上の記事を書いて投稿する方が効率が良いと感じています。

但し、あまり稼げていないときは文字数よりも記事の更新頻度を気にした方が良いでしょう。そのため、まずは800文字で記事を書き、アクセスがあった記事や上位表示可能そうな記事のみを加筆修正するのが負担が少ないかもしれません。

実際は、書く内容のサイトの位置づけなどによっても変わってきますが、メインの公式HPやアフィリエイトサイトの場合を想定すると、大体3,000文字以上だと順位が安定しやすい傾向があります。

必ずしも3,000文字なければいけないという意味ではありません。2,789文字といった時もあるでしょう。

ですが、メインのサイトの記事は最低でも2,000文字、標準は3,000文字。さらにメインサイトの、さらにメインの記事は4,000文字から5,000文字といったイメージで記事を書くとサイト内の記事にも優先順位のメリハリが出来て、さらに検索エンジンの評価も高まりやすい傾向を感じます。

また、それだけボリュームのある文章を書こうと思うと、色々調べたり、時間もかかります。あまり1記事に時間をかけすぎても、アフィリエイトでは稼ぎづらくなるので、とりあえずは1記事当たり800文字かスタートしながら記事を投稿し続けて、アクセス解析とASPの報酬を確認しながら、徐々に追記と修正を繰り返し2000文字、3000文字とブラッシュアップするのが効率的かな!?と思います。

やはり需要があると思って書いた記事でも、反応が悪い場合もありますし、キーワードやドメイン名によっては、元々のアクセス数がすくない場合もあります。

最初は800文字から2000文字で試し、アクセス数が多い記事のキーワードジャンルを後から修正したりブラッシュアップする方が効率的でしょう。

 

記事の文字数

  • 理想:4,000文字(メインの記事で稼ぐため用)
  • 標準:3,000文字(ブラッシュアップ記事)
  • 最低:2,000文字(追加検証用記事)
  • 狙うキーワードによる・テスト用記事:800文字前後

これには、実は自然とそうなる理由があります。

あまり何も考えずに、調べもせずに書くと800文字くらいが精一杯になります。ただの日記みたいな記事はこれくらいです。ちょっと考えたり、調べたりすると2,000文字になります。

1記事あたりで3,000文字から4,000文字を書こうと思ったら、とりあえず書いてみました~くらいでは到底、到達出来ません・・・。ちゃんとした経験や考え、記事自体の設計図がないとそもそも安定した内容の文章にもなりません。

私自身は記事をパーツ化、モジュール化して書くことが多いですね。

そこで、記事の文字数だけではなく、記事全体のライティング構成が必要になってきます。1つひとつの要素、ポイントを理解し書くことで、あなたの記事は稼げる記事に早変わりすると思いますヨ~。

文字数のカウント方法

ところで、文字数が大切といっても、文字数をカウントする方法はいくつかあります。

  • ワードプレス標準の機能で確認
  • エクセルの表計算
  • トレード(交換)掲示板 文字数カウント
  • SEO チェックのためのSEOツール集 | ohotuku.jp

ワードプレス標準の機能で確認

ワードプレス
WP(ワードプレス)には記事投稿箇所の最後に自動的に文字数をカウントする機能があります。

尚、余談ですが、ワードプレスのテンプレート選びに迷ったら賢威がオススメ♪ユッキー☆のオリジナル賢威特典をプレゼント中です。

エクセルの表計算

エクセル
記事を実際に投稿する前に確認するには、エクセルを使う手もあります。関数で=LEN()で文字数を自動計算する式を入力すれば良いだけです。外注さんの記事なんかはエクセルで納品してもらえれば、関数で自動計算できるので、チェックがしやすいです。

トレード(交換)掲示板 文字数カウント

トレード(交換)掲示板 文字数カウント】

http://www1.odn.ne.jp/megukuma/count.htm

文字数カウントを自動カウントしてくれるサイトプログラムです。記事を投稿する前に原稿段階でチェックできるので便利です。エクセル同様の機能ですが、その他のカウントもしてくれて便利です。原稿用紙換算なんかで枚数が表示されると、自分で書いていて、「お~」とか思います(#^.^#)

トレード(交換)掲示板 文字数カウントで分かる5つのポイント。

  • 文字数(スペース込み)
  • 文字数(スペース無視)
  • 行数
  • 段落数
  • 原稿用紙換算(400x枚)

SEO チェックのためのSEOツール集 | ohotuku.jp

ohotuku.jp

http://ohotuku.jp/
詳細に記事を分析するのに役立つのがコチラのSEO チェックのためのSEOツール集 | ohotuku.jpです。
他の3つが文字数をカウントするだけに対して、総単語数やユニーク単語数そしてキーワード出現率チェックも自動でおこなってくれます。但し、こちらはURLを入力して調査するので、主に投稿後のチェックになります。

ライバルサイトの記事などもチェックできるので、内部SEO対策の指標を把握するためにも使えて便利です。

他の方法が文字数だけをカウントするのに対し、実際に使われている単語単位で計算するので併せて使うとかなり詳細な記事の分析が出来ます。

ちなみに本記事を分析すると次のようになりました。

ohotukujp02

ohotukujp03

ちょっと単語に偏りがあるのかな?という印象です。
総単語数とユニーク単語数の関係が3対1くらいですが、2対1くらいになると、色々なキーワードで集客しやすくなるイメージです。

記事のライティング

それこそ、ライティングには色々なテクニックがあります。本も販売されているので、何冊か購入し、読んでおくとアフィリエイトの記事だけに限らず役立つでしょう。

わたし自身はライティングを専門に学んだことはありません・・・。でも、サイトを幾つも運営し、記事を書いたり、本を読んだりしているうちに一定のライティングスキルを持つようになっているではないかと思っています。では、実際、わたしユッキー☆はどのように記事を書いているのか?

単純にまとめると次のようになります。

キーワード

例えば、本記事は『アフィリエイトで稼ぐための1記事当たりの文字数は?』というタイトルです。『記事の文字数』が基本のキーワードになっています。『記事の文字数』だけでは、ちょっと味気ないので、『アフィリエイト 稼ぐ 記事 文字数』という複数のキーワードを想定し、『アフィリエイトで稼ぐための1記事当たりの文字数は?』というタイトルになっています。

タイトルと紹介文

キーワードとも密接に関係しているのがタイトルです。タイトル文字数は短ければ短いほど、キーワードが凝縮されるので、良いという噂もありますが、短いと、メッセージ性が薄れます。googleやyahooといった検索エンジンの向こう側にはリアルな人がいるので、その人たちの感性に訴えかけるタイトルでないと、非常に機械的になってしまうと思います。

わたしが良く使うのは、『~は?』といったクエスチョンマークを使った疑問形です。疑問に対して、本文で答えに導くと云った流れを意識しています。ちょっと気を抜くと、サイトの記事タイトルが疑問文だらけといったカオスを生み出す可能性があるので、若干、注意が必要なんですが・・・。

サイトの設計図

1記事を書くのに設計図とは?ちょっと大袈裟な感じを受けるかもしれませんが、大体記事のキーワードと箇条書きを用意しています。

記事の設計図と要素

  • キーワード
  • タイトル
  • 設計図
  • 二人称
  • 恐怖や不安
  • 共感
  • 数字
  • キーワードバラエティー

今回、メモ帳で『アフィリエイトで稼ぐための1記事当たりの文字数は?』と決めた時に、上げたポイント8個です。

タイトルに対するアンサーなので、ここで決めて置かないと、結論が分からないまま訪問者さんが混乱してしまうと思うからです。但し、最初のイメージは絶対ではありません・・・。

というのも記事を書いている内に、ちょっと内容が変わってしまうケースもあるからです。

その場合、タイトルを変えずに、投稿してしまうと、タイトルと記事の整合性がとれていないものになってしまいます・・・。そのため、記事を書き終えたら、今一度、タイトルとの整合性を確認します。

記事を書くことに慣れていない人は、このタイトルを決めたら、書き終えた後も変更しない人が多いので注意しましょう。

あなたは大丈夫ですか?ちゃんと、記事の内容とタイトルを最後に確認していますか?

必ず、確認をして、タイトルと記事に違和感がないのか?今一度、チェクする習慣が大切です。

二人称

通販テレビで人気のジャパネット高田の高田社長は番組内で必ず意識して使っているフレーズがあります。それが『みなさん!!』です。

『みなさん!!~で、こんな困ったことはありませんか?』なんて文句を良く使っていますよね。
あれは、意識したフレーズ、キャッチコピーなんです。

長崎県佐世保市内の自社ビル内から、全国の視聴者に『みなさん!!』と呼びかけているわけです。しかも、最初は声高で違和感があった、あの声が、今では不思議と気になりません。最近は引退を表明されて、番組にも出ないので、逆に、あの声を聴きたくなるのは私だけでしょうか?

何故か、テレビを点けて、高田社長の声を聴くと安心する自分がいます・・・。

さて、はなしが逸れてしまいましたが、記事の書き方にも『みなさん!!』は応用は出来るんです。

『みなさん!記事の書き方で困ったことはありませんか?アフィリエイトサイトを作る時には記事が必要ですよね。でも、記事の書き方って難しくありませんか?』と続けることができます。因みに声は高田社長風で、読んでみてください(#^.^#)

でも、『みなさん!!』と複数人に呼びかける方法よりも、二人称の『あなた』と呼びかける方が効果的と言われています。ジャパネットはテレビなので、皆さんと呼びかけていますが、ホームページの記事なら『あなた』と呼びかけても違和感がありません。

『あなたは記事の書き方で困ったことはありませんか?アフィリエイトサイトを作る時には記事が必要ですよね。でも、記事の書き方って難しくありませんか?』と直接、訪問者一人ひとりに呼びかけた文章にすることが出来ます。

なので、わたし自身も、ネットの向こう側にいる一人ひとりに語り掛ける気持ちで文章を書いています。

恐怖や不安

真面目な人には難しいテクニックの1つが、恐怖や不安を煽る行為です。逆に詐欺師気質のひとは煽り捲ります・・・。その調整は難しいのですが、もし、あなたが一生懸命に時間をかけて記事を書いているのに、稼げないなら、その理由は『恐怖や不安を煽る』文章がない!または弱いからだと推測することが出来ます。

つまり、商品を紹介する場合、その商品を使わないと、どのようなデメリットがあるのか?
他のライバル商品だとどのようなデメリットがあるのか?

そのままでいると、あなたは危ない!
他の安い商品だと、こんな危険もあるの要注意!
その点、この商品は~なので安全で安心して使えます!!

といった要素がないと、只の公式HPと同じメリット訴求型の記事にしかなりません・・・。

あなたの感情がそのままの文章になるのです。
また、あなたのリアルな感情を表現できないと、商品は売れにくくなります・・・。

あなたは、文章を書くときに、訪問者の感情を理解し、一緒に恐怖や不安を感じ、そして未来の理想を描いていますか?

その恐怖や不安を表現しきれないと、あなたが書いた文章は訪問者さんに流されてしまい、何も残りません。

共感

記事を読むとき、メールを読むとき、わたしは意識のどこかに必ず騙されないだろうか?何か、この人はわたしからお金を取るつもりで策略をめぐらしているのではないか?と不安と疑念いっぱいに読んでいます・・・。ちょっと私がおかしなだけかもしれませんが・・・。

ですので、記事を書くときは自分と同じ気持ちで訪問者の方もいると思って書いています。

その時に、意識しているのが、同じ悩みをもったことがある人、今、悩んでいる人への共感力です。メールなら私的なやり取りなので書きやすいのですが、ホームページの記事の場合、特定の悩みについて書いています。例えば、今回の記事なら

『あなたは記事の書き方で困ったことはありませんか?どんなサイトでも記事が必要ですよね。でも、この記事の書き方って難しくありませんか?わたしも苦手でした。でも・・・』といった流れで、書いています。

数字

今回の記事では大切な数字があります。
アフィリエイトで稼ぐための1記事当たりの文字数は?という記事タイトルなので、文章内で必ず具体的な数字の記入が必要なのですが・・・。この数字は理論性や客観性を印象付ける

重要な要素の1つです。

例えば、

『実は、稼げていないアフィリエイターの記事93%が文章内にあるものがないことが判明!!』
といった記事を書くことも出来ます。

数字はちょっとした魔法の効果があるんです。なので、この魔法を使わない手はありません!!

キーワードバラエティー

さて、ここまで読んでいただきありがとうごあいます♪
あなたのライティング力や意識があがっていると嬉しいです。

でも、実は、ここまんで読んでいただいた方だけにお伝えすると、文字数だけに囚われても残念ながら意味がありません・・・。実は、キーワードのバラエティーが大切なんです!。

一瞬、何のことか分からない人もいるかもしれませんが、文章内のキーワードと、それに関連する単語の豊富さといえばわかるかもしれませんね。ユニーク単語数とも呼ばれることがあります。

例えば、同じ2000文字の記事でも、総単語数が1000個の場合と、500個の場合では、1000個の方が上位表示されやすい傾向があります。外部SEO対策は除いた場合です。

つまり文字数だけが多くても、同じキーフレーズばかりを使っていると評価が上がりません・・・。表現を変えたり、関連性の高いキーワードを散りばめ、解説し記事にまとめるといったことが大切になります。そのような記事ができると1つの記事で色々なキーワードで集客できるようになるのでレバレッジが効いて稼ぎやすくなりますヨ♪

『アフィリエイトで稼ぐための1記事当たりの文字数は?』という記事タイトルの結末が、『文字数だけに囚われても意味がない!』という、ちょっとガッカリするかもしれませんが、文字数はあくまで記事作成の目安の1つです。

文字数を意識して長く書くことと併せて関連する単語をちゃんと入れているか?
今一度、確認することで、文章力もアップし、グーグルやヤフーなどの検索エンジンの評価が上がるメリットがあります。

アフィリエイトで稼ぐための1記事当たりの文字数は?まとめ

記事文字数の結論は下記の通りです。

  • 理想:4,000文字(メインの記事で稼ぐため用)
  • 標準:3,000文字(ブラッシュアップ記事)
  • 最低:2,000文字(検証用記事)
  • 狙うキーワードによる:800文字前後

そして、キーワードバラエティー、ユニーク単語数を意識して、記事に単語を付け加えたり、修正していくことが大切ということになります。因みに、この記事の無事数は5,192文字でした。

ちょっとスマートフォンで読んでいる方には、長すぎるかな~といった印象ですが、3,000文字を超えると、かなり豊富な知識や情報量を記事に入れることができるので、アフィリエイトで稼ぎやすい記事を書くときの目安になると思います。

さらに記事は書いて、終わりではありません。不思議なことに自分が一生懸命書いた記事だけが検索エンジンに評価されるわけではないからです。

アクセス解析ソフトで毎日キーワードチェックや記事のURLを確認している人は分かると思うのですが、予想外な記事にアクセスが流れていることが良くあります。

需給の関係によっては、文字数や内容が薄い記事でも上位表示されてしまうことが良くあるわけです。それ自体は嬉しいことですが、訪問してくれた人は、もしかしたらガッカリしているかもしれません(@_@;)

なので、1か月に一度程度、定期的にアクセス解析状況から記事の追記や修正をすることが大切です。アクセスの多い記事が文章内容や画像、文字の読みやすさ、情報量など合格点に達していたら問題ないのでうすが、もし検証用記事だったりして、情報もキャッシュポイントも弱いと感じたら、

  • 訪問者さんの満足度を高める!
  • 検索エンジンに評価される!
  • 上位表示する!!
  • さらに修正したりして訪問者さんの満足度を高める記事作成をする!!
  • アフィリエイト報酬がドンドン発生

といった流れを作ることで、アフィリエイトで報酬が好循環で発生するようになりますよ~(#^.^#)

是非、何かわからないことがあったら、遠慮なくお問い合わせくださいね~

アフィリエイトは孤独になりやすい作業です。
1人だけで作業を続けていても中々突破口はみつかりません・・・
もし、今、あなたが悩んでいるならわたしユッキー☆がチカラになれるかもしれません!

ユッキー☆へのお問い合わせはこちらから

関連記事

  1. tonarinosiba

    となりの芝生は青く見える!?あなたは迷っていませんか?副業とアフ…

  2. アフィリエイトサイトの作り方が違えば、稼ぎは変わる!?

  3. 自由な生活

    アフィリエイトで稼げるかどうかの答えは、あなたの中にある。

  4. ペンギン・パンダアップデート後の今、アフィリエイトで毎月100万…

  5. アフィリエイトでお金を稼いで自由でも幸せではない!?

  6. あなたのプログラム広告選びは間違っていませんか?

おすすめ記事

  1. アフィリエイトで稼ぐための1記事当たりの文字数は?
  2. Googleアドセンスで稼ぐキーワード選定方法とは?
  3. COMPASS(コンパス)の評価レビュー!アフィリエイター専用SEO分析ツール
  4. エーハチネット(A8net)にはインサイダー情報がある!
  5. SIRIUS(シリウス)+オールドドメインでサクッと△△万円

ユッキー☆のプロフィール

yuki-picture
  • 東京都内の都立高校卒業
  • 資格、学歴、履歴書に書けるものはほとんどなし・・・
  • 10代、20代はバンドのボーカルとしてメジャーデビューを目指して活動するも、あえなく挫折
  • 子育ての傍ら、ネットビジネスのアフィリエイトでいきなり月収100万円越え!
  • 夫も唖然・・・
  • 現在、結婚し、二人の子供のママ

プロフィールはこちら

ピックアップ記事

  1. agreement1-size640
  2. ノウハウコレクターからの卒業
  3. プレエント
  4. アフィリエイトタイプ診断
  5. 賢威とシリウスの違い
  6. アタッチシステムアフィリエイト(ASA)特典
  7. 賢威のテンプレートメーカー
  8. 棚卸
  9. ホームページ作成ソフト
  10. コンパス
ページ上部へ戻る